毎日の髪のブラッシングが重要



脱・シャンプー道場~湯シャンで髪はよみがえるのか!?を実践



脱・シャンプー道場TOP » 実践!脱・シャンプー » 毎日の髪のブラッシングが重要

湯シャンする前にブラッシングしましょう!

ブラッシングでニオイや汚れをからめとる

昔の日本人は今のように毎日お風呂に入ってシャンプーするといったことはなかったようですが、 そのかわりにクシやブラシで髪をよくすいていたそうです。

そうすることで汚れも落とせますし、皮脂を髪の先端まで行き渡らせることできるのでツヤがでるからです。

ストレートヘア命の髪の長い女性にとってはブラッシングは髪のお手入れに欠かせないものだと思いますが、 男性で毎日髪をブラッシングしているというもののふはいないと思います。

ヘアスタイルを整えるためにクシは利用しても髪のお手入れのためにブラッシングはしないですからね。

しかし、脱・シャンプーするのであればブラッシングは欠かせません。

というのも前述したように髪に付着した汚れ、そして頭皮の皮脂を髪に行き渡らせつつ、 余分な皮脂や過酸化脂質をブラッシングすることでからみとることができるからです。

また、意外な効果としてはニオイも落とせることができるということ。

焼肉の煙やタバコの煙のせいで髪がクサくなった経験がある人は多いと思いますがそうした髪についてニオイであればシャンプーする必要なく、 髪をブラッシングすることで落ちるんです。

女性は知っている人も多いかもしれませんが男性は知らないはずです。

湯シャンの前に丁寧にブラッシングすることで余分や皮脂や過酸化脂質などを浮かび上がらせることができるのでそれから湯シャンすれば、 何もしなかったときに比べてしっかり汚れも落せます。

ベタつきや頭皮のニオイが気になったときもブラッシングをしてみてください。それでもだいぶ不快感は改善できるはずです。

獣毛でできたブラシを使うのがイチオシ!

髪をブラッシングするメリットをまとめます。

髪をブラッシングするメリット

  • 汚れやニオイをからめとることができる
  • 皮脂が行き渡り自然なツヤがでる
  • 頭皮のマッサージになって血行を促進できる

という3つのものが代表的かな?と思います。

1日1回の湯シャン前の乾いた髪全体をブラッシングするのが基本になりますが、 ベタつきやニオイが気になるならその都度ブラッシングしてもらってかまいません。

空気が乾燥する冬場は髪に静電気を帯びやすいせいかホコリがつきやすいです。 これを防ぐには椿油をちょっとつけてブラッシングすると油分でコーティングできるのでホコリ対策になります。

それから濡れた髪をブラッシングしないということも重要です。 塗れた状態で髪をブラッシングするとキューティクルが剥がれてしまうのでダメージの原因になるからです。

ブラシ選びについては、好みもあるでしょうし、値段が高いので万人におすすめというわけではありませんが、 イノシシやブタの毛でできた獣毛ブラシがイチオシです。

獣毛ブラシを使う3つのメリット

  • 静電気が起こりにくい
  • 頭皮のマッサージ効果が高い
  • 髪にツヤがでる

獣毛のブラシといえば、メイソンピアソンなんかが有名ですよね。知ってます?

最低限、汚れがとれればいいので何がなんでも獣毛のブラシを使わないといけないということではないです。 ただ、今後はシャンプーやリンスにお金を使わなくなるので1本くらいいいヘアブラシを持っておくのもいいかと思いますがどうでしょうか?