シャンプーの化学成分によるダメージ



脱・シャンプー道場~湯シャンで髪はよみがえるのか!?を実践



脱・シャンプー道場TOP » シャンプーの問題は? » シャンプーの有害化学物質によるダメージ

シャンプーの有害化学物質が頭皮にどんどん浸透してくる

アレルギーの原因にある有害成分が配合されていることも!

身体にいいものは舐めても平気です。ではシャンプーを舐めたいと思うか?というと思わないですよね。美味しくないのはもちろんのこと 不気味なおどろおどろしい化学物質のオンパレードですから。

実際にシャンプーというのはわけのわからない成分がたくさん入っています。

界面活性剤の弊害ばかりが注目されますが、その他にも保湿剤や防腐剤、酸化防止剤、着色料、香料という名目で配合されている化学物質がうじゃうじゃあって、 それらのなかには海外では使用が禁止されている有害指定成分もあるんです。

日本の場合、厚生労働省が定めたアレルギーを引き起こす可能性のある102種類の成分があってこれは旧指定成分という言い方をされることがあります。

無添加をうたう化粧品などはこの旧指定成分を配合していないから無添加といっているケースが多いです。

ちなみに日本ではこのように有害指定された化学物質は102種類しかありませんが、アメリカでは800種類近くあるといわれています。

つまり、アメリカでは有害だと指定されている成分が日本では「無添加」と表記されている化粧品などに普通に配合されているということです。

こうしたアレルギーや発がん性、喘息、ホルモンバランスの乱れを引き起こす誘因となる有害な化学物質が、 シャンプーの界面活性剤によって破壊された頭皮のバリア機能を突破して浸透してきてしまうんです。この恐ろしさわかりますか?

防腐剤が頭皮の常在菌を死滅させる!?

具体的にシャンプーに含まれる化学物質がどんな悪影響を及ぼすかということですが、ここでは防腐剤が及ぼす例を紹介します。 シャンプーによく配合されている防腐剤は、パラベン、フェノキシエタノール、安息香酸Na、ソルビン酸Kなどが有名です。

こうした防腐剤は開封したシャンプーを腐らせないために配合されているため、カビや雑菌に対する殺菌力が非常に強力です。 使っていたシャンプーが腐ってしまったことなんてことを経験したことがある人はいないはずです。

そんな防腐剤を含むシャンプーが髪や頭皮についたらどうなるのか?というと頭皮にいる常在菌(カビや雑菌から頭皮を守り、 弱酸性に頭皮環境を維持してくれている)を大量虐殺してしまいます。 かりに生き残ることができた常在菌も毎日のシャンプーのなかでとどめを刺されてしまうことでしょう。

もちろん常在菌が完全に死滅するということはないんですが、常在菌が極端に減ってしまった頭皮環境では本来繁殖することのないカビや雑菌が繁殖してしまい、 また、感染するはずのないカビや雑菌がつくようにもなります。

脂漏性皮膚炎などの頭皮トラブルはその典型といえます。

防腐剤の頭皮環境に及ぼす影響というのは因果関係が比較的わかりやすいので対処もしやすいのですが、 その他の化学物質が身体に及ぼす影響というのはここまではっきりしてませんし、蓄積される期間もそれぞれですから「ある日突然」なんてこともありうるわけです。

そう考えるとやはり5年、10年先の健康や美容を考えたときにシャンプーというのは害でしかない!と思うわけです。